自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/24

貧乏一期、二期、三期/わが落魄の記 直木三十五

貧乏一期、二期、三期/わが落魄の記 直木三十五

 直木賞で有名な直木三十五が語る貧乏。
 子どもの頃、学生になってから、会社を興した時の3期に分かれている。
 高利貸しに滞納したため、本を売り、服を売り、差押をされて貧乏をするが、その一方で「どうにかなるさ」と痩せ我慢をする。

 貧乏というものがどういうものかわかりにくい現代ですが、筆者は貧乏にならないために、「女房と二人で、おつかなびつくり世渡りして行くやうな」人生を歩んでいます。
 そのためでしょうか、作者の生き方に新鮮なものを覚えます。作者は貧しくても鈍せず、貧乏なときは、かえって作家生命を長くするために勉強します。貧乏の描写は具体的で、貧乏であることに引け目を感じさせない心が父親から受け継がれていることがわかります。

パソコンで読む人は青空文庫
携帯で読む人はflashファイル
スポンサーサイト

2005/12/17

価 薄田泣菫

価 薄田泣菫

 もの作りをしている人の値段のつけ方に関する小話。日米それぞれでの話を取り上げている。
 ネタばらしは「続きを読む」に書きます。テキストも小さい分量なので、まずはテキスト読んでから、「続きを読む」を見てください。

パソコンで読む人は青空文庫
携帯で読む人はflashファイル

続きを読む ≫

2005/12/15

荒磯の興味 佐藤惣之助

荒磯の興味 佐藤惣之助

 好きなものを語るとき、饒舌になってしまうのはよくあることだ。
 この点、この作品も同様である。
 荒磯の興味とは、冬から夏にかけてのブリ等の竿釣りで、「荒い岩礁や厳の上から、竿を満月にしぼって釣る」ことであるが、作者はそこに、粗い岩礁と怒涛に耐える魚に比べて人間の存在が弱く小さいことを見て取る。
 また、長竿を揮(ふる)って、怒涛の巌上に立つと、「まるで私たちは神代を今に生活するような鬱勃たる生気に浸ることが出来る」。
 こんな風に抜書きすると、そんな大げさな、という気持ちが湧いてくるが、全編を通した作者の饒舌さには、余人が否定しがたいような勢いがある。

 一読をお勧めします。


パソコンで読む人は青空文庫
携帯で読む人はflashファイル

2005/12/09

雨の夜 樋口一葉

雨の夜 樋口一葉

 美しく、かつリズミカルな口調で雨の夜を叙述している。
 何とはなしに針を取り、まだ幼いときに伯母に縫物を習った頃のことを思い出すあたりは、特に雨の夜の叙情を読者に伝えているようである。

一読をお勧めします。

パソコンで読む人は青空文庫
携帯で読む人はflashファイル

2005/12/09

秋日記 原民喜

秋日記 原民喜

糖尿病を患い入院している妻。その病室に行くとき、
彼のすんでいる世界はいちばん透きとおっていた。

彼自体はなにか壊れそうな危うさを持っているので
すが、彼の目を通してみた世界は、きらきらとした
感じがします。

一読をお勧めします。

パソコンで読む人は青空文庫
携帯で読む人はflashファイル

ホーム

Home

 

プロフィール

あおの

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。