自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/22

5ヶ月目-底を打ったか?

5月上旬の状態は傾眠で寝たきりであり、言葉もない状
態でした。

現在入院している病院には精神科がないので、入院中の
精神医療的な評価ができません。
また、現在処方されている精神薬はすべて穏やかにする
もの、怒りを抑えるものばかりで、「なにもする気を起
こさない」状態にするものでした。この点、主治医が神
経内科医なので、家族の私から先生に理解してもらうこ
とはできません。先生にとっては、また大声を出すなど
不穏な行動を避けようとしてしているので、とにかく落
ち着いてほしいというのが本音なのでしょうから。

以上のような背景で、以前から通院していた開業医(精
神科)の先生に病院まで往診してもらいました。
ベッドに横たわるそばに、先生、私、義母の3人で話を
しました。先生が帰るときに、主治医と話をすると言っ
て帰られました。
翌日往診代を支払いついでにお話を伺ったところ、やは
り紹介できる病院はないこと、精神薬の処方については
アドバイスをしたとのお話がありました。

さらに翌日、妻の見舞いに行くと、1ヶ月ぶりくらいの
言葉が聞けました!「そうなんだー」という相槌の言葉
でしたが、驚いて、少し信じられないような気持ちにな
ってしまいました。
その日以降、病院の看護士さんたちに笑みを見せるよう
になりました。

薬が変わるくらいでここまで変わるとは思っていません
でしたが、いままでが一種のうつ状態であったのかもし
れません。
しかし、まだまだいやなことや苦痛を言葉を使って表現
しにくいようで、重めの失語症はあるようですし、リハ
ビリをしたいと言う意欲を言葉に出すこともずっと先の
ことのように感じます。
スポンサーサイト

2007/05/22

小学校普通級に入れてからの心配事-その1

1 宿題をしない。
 家の中は構造化されていない上に机がないので、宿題を
する環境がない。学童にも行っているので、時間がない。
 学童で宿題をするよう指導しているが、他の遊びに目が
行って宿題をしていないようである。
→宿題の内容を見ると、子どもにとって、さほど難しい内
容ではないので宿題をする力はある。でも強制的にさせる
と学校に行きたくない気持ちをさらに増やしてしまうので、
「宿題をしなさい」とは言っていない。時間が空いている
ときには、「宿題する?」と聞くくらいにとどめている。

2 授業などの先生の話をちゃんと聞いていないようだ。
 他の子たちは先生の話を面倒でも聞いてやろうかという
態度があるが、我が子にはない。そのため学校から親への
プリントを渡すことを忘れてあわてることが多い。

3 翌日の教科書を揃えてランドセルに入れるのを、自分
 でやろうとしないため、親がやるか、細かく指示してい
 る。

 他にも色々あるけれど、学校の関係では上記3つが心配
な事項となっています。事前に心配していた「他の子と遊
ぶ」は、今のところ心配していません。
 結局、他人と一緒に何かやろうという自発的な面で弱い
ということになるようです。
 治すクスリも療育もない(言い切ります)ので、個別対
応にしていますが、友達とのお付き合いや親の手伝いなど
から学べられたらいいなと思います。

ホーム

Home

 

プロフィール

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。