自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/15

妻は重度の痴呆で、認知症だそうです

妻の診断書を見る機会があった。
「認知症…痴呆(重度)」
えー、うそ。まだ30代なのに。
自分の認知症に対するイメージは、「恍惚の人」という言葉に代表される、老人のボケ。
重度の認知症なら相手が誰かもわからなくて、病識もなくなる。
そういう風に妻を扱えということか。
今まで人に認知症といわれても、否定してきた。でも、確かに他人からは認知症に見えていたかもしれない。
認知症の老人相手なら笑顔で対応するところだけど、妻は感情が荒れているから、どちらかというと安心させることが必要なはず。だから老人の介護施設には適応できないだろう。

最後まで妻を介護したいと思うが、平均寿命からすると私のほうが先に死ぬ。
そうすると子供を頼りにするのか。
40になったばかりで老後の心配をする羽目になったよ。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。