自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/16

男性が育児のための短時間勤務制度を希望してもうやむやになる

 育児のための短時間勤務制度を希望したというタイトルで書かせていただいた件ですが、いつのまにか希望していないという話になっていたようです。
 希望を取り下げたわけではなかったのですが、「勤務地が家から近いところだったらこの制度は使いません」という留保をつけるよう、ヒアリングの席で求められたので、特に異議もなくそういうことにしました。
 その後、話をしていても、何かかみ合わない。
 どうやら、私が短時間勤務の話を取り下げたということで、話が進んでいたらしいです。

 さすが日本的な人事だとしかいえません。

4月13日追記

転勤しました。家からかなり近いところが仕事場になりました。また、仕事の種類や内容に慣れるとかなり楽になるかもです。出世を犠牲にした甲斐があったように思います。育児にいい影響があるといいなと思います。
スポンサーサイト

2009/03/14

強化子が強すぎて怖い

 小学校2年になるまで、「○○を買ってあげるから××しなさい」という約束をしませんでした。
 もしこのような約束をすると、強化子である○○のほうばかりに目がいってしまって、××を自分がしているという気持ちが育たない(自発性が伸びない)と考えていたからです。
 でも、小学2年生にもなると「自分へのご褒美」のような、○○を得るために××はするが、××はすべきことでもあるからするという関係がわかるようになっただろうと思い、普段ほしがっていた「バトルスピリッツのブースターパックを買ってもらいたかったら、3週間ずっと1日も忘れることなく宿題をしなさい」という約束をしました。
 その結果、きっちり3週間忘れずに宿題をしたので、約束どおりバトルスピリッツのブースターパックを買ってあげました。さらに、その後も宿題をきっちりするようになりました。

 最近、近所の友達の家でベイブレードというベーゴマの一種のおもちゃで遊んで面白かったため、買ってほしいといわれました。前回のバトスピの件で味をしめた私は、「遊んだ後にお片づけを3週間したら買ってあげる」という約束をしました。
 そうすると、「散らかさないようにおもちゃで遊ばない」と言いはじめました。親としての気持ちは、「お片づけが習慣として身についてほしい」であって、「遊ぶな」ではないので、「遊んで散らかしても後で片付ければいいんじゃないか」と言いました。彼は納得したようでした。
 アスペの子はマジメで、おもちゃへのこだわりがあったからそういう発言になったとは思います。
 しかし、強化子が強すぎて約束に対して融通が利かないようになっていたようで、ちょっと怖かったです。

ホーム

Home

 

プロフィール

あおの

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。