自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/10

俺だから虐待されずにすんでいる?

「朝ごはん何食べる?」
「焼きおにぎり」
娘は焼きおにぎりが好き。それは知っているけれど、この半年以上要望がなかったので当然冷凍庫には在庫がありませんでした。
「焼きおにぎりはないから、トーストを焼いてあげる」
「トーストはいらない。焼きおにぎりがほしい」
「ないものは出せない。トーストが要らないなら、朝ごはんは食べない。」
「焼きおにぎりが食べたい!」
「じゃあ何も食べるな」
そういう言いあいを繰り返した後、娘の好物であるお弁当のおかずで、冷凍庫に常備しているスパゲッティをレンジで温めて娘に出しました。
それを見た娘は「スパゲッティが欲しいなんて言わなかった」と。

それでキレてしまいました。
「焼きおにぎりを用意してなかったことはそんなに悪いことか!!」と怒鳴りながら娘の頭を左右から両手でつかみました。殴ることもできないので、すごい勢いで頭をつかんで離し、つかんで離したり。虐待の一歩手前か、半分脚をかけていたと思います。
娘は大変怖かったのでしょう、「お父さん、ごめんなさい」といって泣いていました。
「ないといったらあきらめて。こういう時は『なかったらいいよ』っていいなさい」というお説教で終わらせました。

療育の先生にその話をしたら、主張(しっぱなし)-折り合い(をつける)-従うのうち、家では主張だけをし、保育園では従うという極端な対応を取って、今までは過ごしてきた。もう少し経験等をつんでいけば、家でも保育園でも、極端な対応から折り合いをつける方向に進んでいくという説明を受けました。
確かにそうなのかもしれないけれど、親のいうことに従わないときのありえないほどのかわいげのなさを見ると、普通の親だったら無理にでも従わせるために体罰を加えるかネグレクトをするか、虐待をしてもおかしくはないと思ってしまいます。
私は長男のときに療育の現場を見て、問題行動に対する対応方法を身につけているので、それでひどい虐待をしないでいることができたと内心思っていますが、もしかしたら勘違いかもしれません。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。