自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/27

小学3年生にもなって全体への指示が通らない

今まで宿題の範囲は「プリントを○枚」というわかりやすいものだったのですが、「教科書の○ページから×ページまで書き写す」ということを先生がクラス全体に伝えて生徒がそれを記憶または記録するというものになりました。
家で「宿題はなんだった?」と聞いても、「どこかわからない」と答えていました。親としては、「先生が言うことをちゃんと聞いてきなさい」としか言えません。そうして、宿題をしていかずに学校に行くということが何度か続きました。
そのため、ある日、先生は居残りで宿題をさせました。クラスの生徒にそのことを聞いた私は、居残りで宿題をさせた後に残っていた先生を教室に訪ねました。
突然保護者が来たことで、先生も驚いたと思います。
ともに立ったまま、話をしました。
自閉症の子供は全体への指示が通らないこと、その場合には個別の対応が必要であることを手短に話し、対応策の例として大まかでよいから宿題の範囲をメモとして子供に渡すようなことが考えられると話しました。
それが先週の出来事でした。その面談の結果は、今週現れるかもしれませんし、現れないかもしれません。

私の様子がちょっとただならない感じだったのではないか、モンスターペアレンツを思われていなかったかというのが不安です。
スポンサーサイト

2009/09/22

妻入院以降で初めての遠出

妻が入院して以来、遠出はしませんでした。
子供達には休日にどこにも連れて行かなくて悪いとは思っていました。
でも、外出が億劫(おっくう)になっていました。
妻が病院で苦しんでいるのに自分たちだけが楽しい思いをするなんて悪いことだという言い訳もありましたが、遠出をすることを考えただけでも「無理」という気持ちになるのは、どう考えても自分の気持ちだけが原因で遠出をしていなかったのだと思います。

そういう自分の気持ちが変わったとはあまり思えないのですが、今日の遠出に関しては、先週末の段階で「行ってもいいや」という自然な心持ちになり、子供達に遠出することを宣言しました。

たかだか、水族館に行ってその日のうちに帰るだけで大げさなような気もしますけどね。

娘が、以前までは外出するたびにだっこしてもらうことを当然のように言ってくるので、それが私には苦痛でしたが、今日は全く要求されませんでした。成長しましたね。

2009/09/10

毎日かあさんを見るお父さんの心情(ネタバレ?)

子供たちは毎日かあさんというアニメを見て、一緒に踊ったりして非常に楽しそうです。
でも、私は素直に楽しめません。
なぜなら(以下ネタバレ?につき追記)

続きを読む ≫

ホーム

Home

 

プロフィール

あおの

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。