自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/28

自分とは別の世界に住んでいるような目をしている

久しぶりに妻の見舞いに行きました。
私が近づいたり声をかけても、ベッドの上で延々とノッキングをしています。
目を見ても焦点がどこか空中にあります。すなわちこの世界の何も見ていないのです。
この世界の物事に注意を向けてくれたら、なにかの感情を出してくれたら相づちの一つも打てるのですが、そのような意識の表出がありません。

もし将来、家で介護するとしても、こういう状態ではどんなプロンプトも受け入れてくれないのかもしれません。
快・不快以前の問題で、脳がその障害により、原始的な反応しか示さなくなっているような気がしました。

こうなると、妻は自分とは違う世界に住んでいるのだから、すべて病院に任せ、私は父親として子供の世話をしていかなければならないという考えに、自分の気持ちが流されて行ってしまいます。

結婚は単に戸籍の問題ではなく、人間らしい関係のはずですが、別の世界に行ってしまった妻との関係は人間らしさがないものとなっています。
自分が病気になった妻を見捨てることは考えられませんが、かといって従前のような人間らしい愛情を保っているかというと、我ながら疑わざるを得ません。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。