自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/02

男の子を産んだんだからしかたがないよね

息子が小学校に入るまでは、彼の今の心の状態がどうなっているのか、彼自身が自覚していない部分を含めて9割以上をわかっているつもりでした。
でも、息子が小学校にあがり他の子と遊び始めてから、今どういう気持ちになっているのか、わからなくなることが多くなりました。

娘は学校で先生に絵をほめられたことなど、いろいろと報告してきます。自分がいやだとかつらいとか思ったら、多少奇妙な方法であってもその気持ちを表現してくれます。

4年生になっている息子は、学校での出来事や、友達とどうして遊んでいるかなど、なにも言いません。私の前では親の思いや気分をはかって行動しようとし、自分の気持ちは自分の中にしまってしまいます。積極的に甘えてくることもなくなりました。

でも、しんどい、甘えたい、学校や友達関係での不安など、息子の気持ちに気づくこともあります。甘えさせるときはだっこでもして甘えさせています。でも、家の外のことが原因で不安になった場合は、どうしてそういう気持ちになったのか話してくれないので、親としては、やきもきするだけになります。

でも仕方がないんですよね。息子は男の子だから。

私は父親で息子を生んだ訳じゃないけれど、最近身にしみる言葉がこれ。
男の子だもんね、息子は。
男の子を産んだんだからしかたがないよね。
銀河鉄道999で、トチローの母親が鉄郎に話した言葉

銀河鉄道999の映画は中学生の時に見たので、上記の台詞を聞いてもぴんとこなかったのですが、自分が男の子を育てるようになってやっと意味がわかったような気がします。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。