自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/01/01

中学校入学前の年の変わり目に

現在、長男は小学6年生です。
冬休み前に、担任の先生と保護者である私とで個人面談がありました。
話の内容は以下のとおりでした。

・授業中はサポートの先生についてもらっている。
・他の児童の1割程度でもいいから宿題を提出するように言っているが、全然提出されていない。
・テストをゆっくりやりすぎて他の児童よりも時間が多くかかり、参考点にしかならないため点数が付けられない。

そこまでひどかったのかと内心びっくりしました。
家では宿題をするように毎日のように言っているのですが、どこまでできているのかという確認を怠っていました。

さらに、担任の先生は「中学入学にあたって、中学校に引き継いでおきたいことは何でしょうか」と聴いてこられました。
私は、ほんの少しの間をおいて「いじめられないように(してほしい)」と答えました。
担任の先生も少し思案するような面持ちをしてから「難しいですね」と答えられました。

まだ始まってもいない中学でのいじめについて、前もって「難しい」という評価がされることは異常なことだと思います。
先生の話によると、以前にアスペルガーの児童がいて、中学の先生にしっかり引き継いだにも関わらず、他の先生が担任になったため、中学では障害に全く配慮されなかったということがあったのだそうです。
今回はそのようなことがないように、心理検査を行い、その結果を医師から中学に書面の形で伝えてもらうことで、前回のような引き継ぎ漏れを防止したいとのことでした。
個人面談は冬休み前の押し迫った時期に行われましたので、正月を迎えた今の時点でも、担任の先生がおっしゃるような中学入学に向けての準備は一部しかできていません。
他の保護者の方たちはすでに中学入学への準備を整えているようで、正直に言って「出遅れたな」と思います。

学校の成績を上げるためのプレッシャーはかけないよう、塾などに行かせず、本人にとって楽な環境で円満な人格を作って欲しいと思って育ててきましたが、勉強ができないことで仲間はずれにされていじめられるようでは意味がありません。
家に帰ってから、長男と長女(娘も宿題が提出されていないと言われました)に対して、今日の宿題は問題集のどこからどこまでで、どこまでできているのか逐次報告するように強い調子で求めました。
長男は、できない宿題を私に見せることが怖かったようです。
それを強い調子で「ここに問題集を置け!」といって、解き方を手取り足取り教えて、正解にたどり着かせました。

以上が長男の現況です。

私の他の家族についても大きな出来事がありました。

私の実父がアルツハイマーで、迷子になって帰らないことが続き、実母が軽い認知症と抑うつ症状を見せたため、私が実父を半強制的に入院させました。
その父が病院で肺炎にかかったり治ったりを繰り返しています。
母の物忘れがひどくなったため、実家を離れている私が実家まで行き、連れ添って通院するようになりました。

これにより、実の両親と妻と子どもたちのあわせて5人の生き方を私が1人で決めることになりました。
実母との同居はいろいろな事情があってできませんが、そうであっても話し相手になる等の面倒を見なければなりません。
それでも仕事はやめずに、料理から育児まで家事を独りで行なっています。
通院している心療内科の先生には、妻が入院した時以来の「ご心情をお察しします」という言葉をいただきました。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。