自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/05/21

不登校の状態で卒業、全寮制の中高へ入学、順調な滑り出し

不登校となっていた子どもたちは、他の生徒・児童たちが体育館で普通の卒業式を行った後に、別室で校長先生から卒業証書を授与されました。
最後の1年は出席日数がほぼなかったのに、卒業できてしまうことが不思議でした。

それに先立って、生野学園という全寮制の中学・高等学校から入学許可を得ていました。そして、4月に無事入学することができました。
 
高校を選ぶときの条件となる、息子の事情は以下のとおりでした。
・ほぼ3年間、不登校でテストを受けなかったため内申点がない
・中学校での勉強をほぼしていなくて普通の高校の授業はわからない
・仮に通信制高校に入学しても続けていくモチベーションはなさそう
・中学校への通学に電車を使わなければならなかったが電車への拒否感が強くて年数回のスクーリングさえも困難

中学校の先生からは色々な高校の資料を頂いていましたが、その中に通信制と全寮制の学校がいくつかありました。入学した時のイメージが少しでもついて、比較できて、好きな学校だという印象を作れるように、それぞれのオープンキャンパスや体験授業に参加させました。

1月初旬に子どもと話し合った結果、兵庫県の山の中にある、不登校を経験した生徒を対象とした、フリースクールっぽい全寮制の高校である生野学園高等学校が最適だという結論になり(その結論に至るよう介入しました^^;)、2月の体験入学を経て、4月の入寮、入学となりました。

寮生活への不適応を心配していましたが、入学から1ヶ月が経過した現在は、驚くくらい順調に高校生活を営んでいるようです。
不登校だった中学3年生の時には、友達が家にほとんど来なくなり、外食をするとき以外には家を出なかった息子が、今は先輩と放課後に体育館で汗を流していたり、寮の外に散歩していたりと、元気にやっていることをLINEで報告してくれるようになりました。

若い人は適切な環境に置くと、変われるのだなあと思いました。

ただ、この高校に入学したら確実に変われるとは思ってはいませんでした。
入寮すること自体が困難という子供もいます。
不登校の子を持つ親御さんは「親がここまで頑張って環境づくりをしているのに、なぜこの子は登校できないの?」という経験はたくさん積んでこられたことだろうと思います。私自身がそうでしたから、入学させても家に戻ってきてしまうことはある程度覚悟していました。

娘も中学の方に入学させていただきました。
こちらは兄と違って寮でなければならないという条件はなかったのですが、地域の中学は小学校の友達がいるからダメだそうで、市内の不登校の生徒が通う中学に通わせても自宅の方が楽なために不登校に戻る可能性がありました。
兄と一緒なら(男子寮・女子寮と別れてはいても)寮生活をやっていけるだろうということで中学に入学させました。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

プロフィール

あおの

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。