自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/19

ずっとママが好きだったのに─

3歳と半年くらいで元気なママがいなくなった(変わり果てた姿で病院にいった)ことを、娘はどう感じているのか、そもそもママのことをどれだけ覚えているのかということを、気にしていました。でも、ママの病院に行こうといっても、怖がるので、積極的にママの話題は出せずにいました。
つい最近、娘と息子と私の3人で車に乗っていたとき、息子がママの話をし始めて、次に娘の言った言葉が胸に突き刺さりました。

「ずっとママが好きだったのに─」

語尾が上がっていました。
やはり元気なころのママを覚えていたのですね。
しかも、「好き」という感情とともに。

≪ 妻の転院を決めましたホーム希望と現実のすり合わせ ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

あおの

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。