FC2ブログ

自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/21

アスペルガー(高機能自閉症)の子供と自慰のしつけ-男の子がたどる自慰の遍歴1

2ちゃんねるのアスペ本スレで「父親が息子に性的なことを教えるのになんで抵抗があるのか理解できん。 母親が自慰についてとかありえないだろ。 父親もっとしっかりしろー!」という意見がありました。
これはその答えではありませんが、なんらかのヒントになればと思い書いています。

男の子にとって最初の自慰との出会いは、「他人に自慰の存在を教えてもらった」か「たまたま自分で触っていたら精通があった」が多いのではないかと想像します。
私は前者でもあり、後者でもあります。

一番最初の出会いは、小学校の5年くらいのとき、講堂に男子が集められて、男の先生から、「朝起きてトイレに行ったら、おちんちんが大きくならないか」という話からでした。
その当時の私は勃起というものがどういうものかわからなかったので、「なに言ってんだこの先生はw」と笑っていました。他の多くの男子も同様に笑っていたと記憶していますが、中には話の意味がわかっていた男子もいたのだろうと思います。
結局何の理解もできずに話が終わりました。きっとその中で精通とかの話も出ていたのだろうと思いますが、男の先生もかなり照れて婉曲的に話をしていたので、印象には残りませんでした。
人にものを教えるプロである先生でさえも、そのような状態になるのですから、父親が照れてしまって話ができないということも理解してください。

≪ アスペルガー(高機能自閉症)の子供と自慰のしつけ-男の子がたどる自慰の遍歴2ホーム女性は産む機械ということにしてくれないか ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

あおの

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。