自閉症児のいる父子家庭なのかな

妻は重度の意識障害で入院中、子どもは自閉症スペクトラム障害のパパのブログです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/13

10歳くらいでの発達段階

現在小学4年生で10歳の長男は、2年生で療育を卒業しました。
卒業という行事があったわけでなく、3年生の段階で療育をすべしという医師のオーダーやデイサービスの先がなくなってしまったので(多分もっと小さい人たちの方が切実と言うことなのでしょう)、療育が立ち消えになったというのが実際の所です。

それでも療育が無くなるということに不安を覚えた私は、医師になにか療育はないか、外部のリソースを求めたのですが、教育系の大学のソーシャルスキルトレーニングの集まりがあるようなことはいわれても、紹介ということもなく、結局療育はないままになりました。

現在の取り組みは、半年に一度、精神科の予約を取って、医師が子供と話(医師がインタビューをする形式)をし、その受け答えを見て、子供が出ていった後に父である私と医師とが話をするというのがすべてです。

先日も受診しに行って、息子の普段の様子について話をしました。学業の他、息子の友人づきあいで、一時期友達の所に行ったり尋ねて来てもらったりというのが途絶えた時期があったが、最近はまた交流が出きてきたこととか、私が少し意地悪っぽいことをすると、すねて見せるということが何度かあった、本来は意地悪っぽいことをしたら真正面から反抗するという反応がよいが、すねてみせるというのも自分の気持ちを表出する方法の一つなので、否定しにくいとか、まだ友人の境遇を察して配慮したり分かち合ったりすることはできないようだとか、そういう話をとりとめもなくしていたのですが、その後、医師はすまなさそうに「なにか療育があるということが言えればいいのですが、なにもできなくて。お話を伺って勉強させてもらっています。」と低姿勢になっておられました。

私は、「イヤもうこの年齢になると訓練的なものをするという段階ではないです。お話しをしていると息子の問題点が明確になっていいと思います。」と答えましたが、持ち上げられていい気になっていたように思います。

医師は、「息子さんは同世代と交流することで学んでいる時期です。この年齢の時に、友人(他人)に施すことが結局自分にとっても利益になるということがわかればよいですね。」という話をされました。

確かに、私が息子の年齢の時くらいは、友人と遊ばずテレビばかりを見ており、おごるということがいまだに自然にはできない(子供の友人にたこ焼きを買って上げるのにも大変迷ってしまう)ので、医師の言葉に深くうなずかざるを得ないのでした。

≪ 初めて母親を叱るホーム赤ちゃんはどこで売っていますか? ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

あおの

Author:あおの
50歳周辺の父親です。
妻は重度の意識障害で入院中、長男(15歳)は高機能自閉症で、長女(12歳)は自閉症の疑いがあります。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

スポンサードリンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。